ちょっとだけサービスメニュー

祝日だというのに仕事だっつーの。まあ、この分は移動して別の日が休みになるんだけども。
夕方の散歩は、もう半年ぶり位かなあ。大きな芝生の広場がある市の中央公園へ。
ここに来なくなったのは、芝生の広場より雑草の空き地の方が足には良いから。(芝生は滑りやすい)。あと、4km位の距離なのに国道がやたらと混んで踏み切りも超えなきゃいけないのだ。
でも、だだっ広くて誰もいない芝生エリアをたまにはのんびり歩くのも悪くはない(^^)
今日はサービスで紐付きボールも解禁。
ダッシュしないように投げ終わってから「探せ」で取りに行かせる。
もう暗くなってるし、自慢の鼻を使っておくれよ…そんな親心も虚しく、「よし、探せ!」の言葉にとりあえず走り出す空。方向が全く違いますから。
まずは『勘』かよ(-_-;)
ボールを投げた方向は見ている癖に、考える前に動き出す。動く前に1ステップ、「考える」という事をすれば良いのにねぇ。
散歩後のご飯には、休日のお出かけ時のオヤツに使っているワカサギ(←空腹時のゲロンパ回避用)をサービスでトッピング。
うーん、基本的にサービスの単位が小さいけれど気にするな。
週末は雨続きみたいだし、パーっと遊べなくてちょっと残念だね。でも、再来週は嫌って程お出かけできるから待ってて下さいな。





Yahoo!のネットニュースで見つけた記事。(日数が経つと記事が削除されているかも)
コチラ

生後8週間以内のペットの販売を禁止するというもの。また、インターネットのペット店では販売時にはペットの状態を2日以上観察して、下痢や皮膚病、四肢マヒなどがないか確認することを業者に義務付け、ペットの病歴や飼育方法の説明も求めるそうだ。
何も変わらないよりは、少しずつでもいいから変わっていくべきだと思う。
でも、もう店頭やネットでの生体販売自体をなくして欲しい。
2日間の観察だけではなく、遺伝性疾患や代表的な疾患の検査も義務付けて欲しい。
本当に犬や猫などをペットとして家族に迎えたい人は、労力を厭わずに自分の目で繁殖者を、その環境を、親となる動物を確認するべきだ。
行政の対応は牛歩並みに遅い。消費者一人一人がその一歩先を進んで、行政の尻を蹴っ飛ばしてしまえ。
[PR]
by sora-gsd | 2005-09-23 20:52 | 犬暮らし
<< 足首酷使 ウッカリし過ぎ! >>