その後の空

水大量ゲロンパの後もゲロンパは続く。
ある程度まとまった量が胃に入るともう駄目みたい。
空腹の時に吐く「ぐぽっぐぽっ」というしつこい前置きが無いから、もう反射的に吐いてるのかな。
吐くこと自体が体力を消耗するし、脱水症状を引き起こすので困りもの。
でも、本人は元気で「散歩行こーよー」とドアの前で訴える。
じゃ、ちょっと気分転換するか。一日入院ケージの中だったしね。
てな訳で、20m先の自動販売機まで歩きポカリスエット購入。散歩は計40mで終了だけど、まだまだ足元が危ういからね。
ポカリスエットをおちょこ3杯ほど食器に入れて、さらにそれを水で2倍に薄める。もう本当に舐めるだけの量。
食欲は示さなくても水を飲みたいという意思表示はあるので、ポカリ水の方がきっと有効なはず。
お世話になった渋谷の病院に電話して、今の状態を伝える。
朝までこの状態が続くようなら、明日点滴しましょうとのこと。でも、人間もそうだけど、口から自力で物を食べるってすごい大事な気がする。気力が違ってくるというか。なるべくなら少しでも食べて欲しい。
冷蔵庫の中には、万が一に備えて買った食材がアレコレある。



買っておいた鳥ムネ肉を湯がいて、小指の先程の大きさの塊をさらに細かく裂いて与えてみた。
おっ!食いつく!
小さな塊5個分を完食!泣ける程嬉しい。
1時間経っても吐く気配無し。
どうやらいつも食べているフードには完全に食欲ゼロみたい。
と言うのも、車の中で嘔吐した時、自分の吐いたものにまみれてしまった空。
フラフラの気持ち悪さの中で、その状態から逃げられなかったのが相当ショックだったみたい。
フードから顔を背けてしまうのだ。
そりゃそうだ。後から見てみたら、ケージの中は『空ちゃんお手製離乳食」の海だった。神経質な空にはさぞかし辛かっただろうに。
あとはお友達からアドバイス頂いたお粥や葛湯も徐々に試してみようと思う。
とにかく食欲が完全に無い訳でも、胃が完全に停止している訳でも無さそうで一安心。
[PR]
by sora-gsd | 2005-08-12 00:32 | 犬暮らし
<< 復活!かも 事件は起こった4 思うこと >>